blog index

〜 <文明>の新しいかたちを求めて 〜 ( 佐々木寛のブログ )

<< マルクスの取り組んだテーマはやっぱり普遍的だったということについて | main | 新潟から市民発電 >>
始動。新潟市民発電
0
    この間、今年に入ってずっと準備をしてきた新潟の市民発電の試みが、ようやく最初のキックオフ集会を迎えつつあります。チラシも地元のアーティストの力添えで完成しました(下写真)。



    「おらって」とは、新潟弁で「私たちの」という意味です。つまり、「私たちの電気をつくろう」という意味です。
    そして、新潟の市民発電の理念は、以下の通りです。準備会のみんなで議論し、それを元に私が原案をつくり、みんなで決めました。この宣言は、運動が拡大するにつれて、主文の下にある「私たちが目指すもの」に次々と新しい内容が加わるようになっています。「宣言」としたのは、ちょうどマルクスの『共産主義者宣言』を読んでいたことと無関係ではありません。21世紀のラディカル・ポリティクスの「宣言」として書いたつもりです。

    実際に行動をしながら、現代の社会科学(学問)にとっても最先端の内容がつまったできごとが次々と生起するので、驚きの毎日です。このブログでも、その概要をお伝えしようと思います。

    ------------------------------------------------------------------------
    にいがた市民発電宣言
     
     私たちは、豊かな自然に恵まれたここ新潟の地から、次世代の新しい社会のあり方を模索し、実現するために、市民による発電事業を開始することを決めました。
     この事業を通じて私たちは、自らエネルギーのあり方を考え、実践するのみならず、地域の食、農、自然、伝統、歴史を活かし、未来の世代のための新しい地域の姿を新潟から創りだしたいと思います。
      
    〜 私たちが目指すもの 〜
     
    ●新潟の未来世代のいのちが尊重され、守られる持続可能な地域社会の実現
     
    ●水・里山・農など新潟の豊かな自然を活かした多様なエネルギー資源の活用
     
    ●広範な市民の参加や実践、熟議の場の創出
     
    ●市民・行政・専門家の新しい協働のかたち
     
    ●新たな雇用創出などによる、活き活きとした地域経済の実現
     
    ●環境教育や市民研究会などによる、省エネ文化の普及や、新たなライフスタイルの模索
     
    ●新潟の歴史的遺産の再発見と、若者が誇りをもって生きられる地域社会の実現
    ---------------------------------------------------------------


     
    | 佐々木寛 | - | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://sasaki-hiroshi.com/trackback/109
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ