MENU

破壊の跡――宮城県東松島市野蒜地区

 

写真は、先週末訪れた、宮城県東松島市野蒜(のびる)地区です。
震災から5か月近く経っているにもかかわらず、町はまるでどこか別の惑星の廃墟のように、静まり返っていました。
一番下の写真は野蒜駅ですが、よく見ると、時計が2時48分で止まっています。
うち捨てられ、時間が止まったままの広大な空間が、まだ残されたままです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる